フィールドを3次元軌道で縦横無尽に駆け巡る爽快なアクション、未来の宇宙を舞台にした重厚な世界観――2001年にPlayStation®2用『ZONE OF THE ENDERS Z.O.E』が、2003年にその続編となるPS2®用『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』が発売され、リアルロボットもののアクションゲームとして非常に高い評価を得た「Z.O.E」シリーズ。その2作品がHD版になって蘇るPlayStation®3用『ZONE OF THE ENDERS HD EDITION』が、2012年10月25日(木)にいよいよ発売されます。

そこで『Z.O.E HD』発売を祝して、シリーズの名場面&名台詞を大募集します!

登場キャラクターたちのやり取りから決め台詞のひと言まで、皆さんにとっての名場面&名台詞を自由に記入できますので、HD版でもう一度見てみたいと思うシーンや台詞を教えてください。もちろんシリーズファンにはお馴染みの「はいだらー!」もモチロン対象です!

みなさまのご意見を、このブログ記事画面の下にあるコメント欄でお寄せください。 

また、みなさんから頂いたご意見の結果を集計して、名場面&名台詞を特別編集した動画を公開する予定ですので、ふるってご参加ください! 

回答期間:2012年10月9日(火)~10月14日(日)23:59迄

※ご意見投稿の際には作品名とキャラクター/メカの名前を必ず記入してください
---------------------------------------------------------
<名場面の例>
・『Z.O.E』のアヌビス登場シーン
・『ANUBIS』火星荒野でのビックバイパー戦

<名台詞の例>
・『Z.O.E』
エイダ「私は…命のないただのプログラムです。私を守るような行動は非常に…非論理的です」
レオ「そんなの、関係ないよ…」

・『ANUBIS』
ノウマン「戻れ。お前は好きだ」
--------------------------------------------------------
みなさんのご意見をお待ちしています!! 

 

20121009_ZOE_01.jpg

20121009_ZOE_02.jpg 20121009_ZOE_03.jpg

20121009_ZOE_04.jpg 20121009_ZOE_05.jpg


■「はいだらー!」って何のこと?
シリーズ2作目、PS2®用『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』に登場するヒロインにしてオービタルフレームのランナー(ロボットの操縦士)であるケン・マリネリスが、主人公のディンゴ・イーグリットと戦う前に放った台詞。この台詞が飛び出したのはゲーム序盤で、彼女の初登場シーンとなるのですが、プレイヤーにはこの台詞の意味がわからず、それが強烈なインパクトを残しました。その後、プレイヤーたちの間で日本の方言説や英訳すると意味がある説など、様々な憶測が飛び交う中、いつの間にか「Z.O.E」シリーズといえば「はいだらー!」と、ファンたちに愛される迷言にして名言となったのです。ちなみに「はいだらー!」は脚本家の方がひらめいた台詞で、特に意味はないそうですよ。

20121009_ZOE_06.jpg

 

『ZONE OF THE ENDERS HD EDITION』公式サイトはこちら

©Konami Digital Entertainment