2013年9月26日(木)に東京国際フォーラムにて行われた、角川ゲームスによるメディア向け発表会「KADOKAWA GAME STUDIO MEDIA BRIEFING 2013 AUTUMN」。
本イベントでは、まずイベントタイトルにも含まれているゲーム開発スタジオKADOKAWA GAME STUDIOの設立が発表されました。そして、その第1弾タイトルとして『NAtURAL DOCtRINE』、第2弾タイトルとして『艦これ改(仮)』が開発中であることが明かされ、高まる期待に会場はヒートアップ! その模様をお伝えします。

■新たなる才能を発掘する! 『Project Discovery』第2弾の募集を開始!!

まずはじめに登壇したのは、角川ゲームス代表取締役社長兼KADOKAWA GAME STUDIOエグゼクティブプロデューサーの安田善巳氏。安田氏は、「創業5周年を迎えた角川ゲームスですが、これから5年先~10年先を見通した時に、自分たちが主体となって新しいゲームを作り出すことが重要。1つのプロジェクトで得られる経験をしっかりと積んでいき、得意分野を確立することで、ゲーム会社としてのこだわりや信念を持っていきたい」とKADOKAWA GAME STUDIOの設立に寄せる決意を語りました。

20130927_kadokawagames_01.jpg

20130927_kadokawagames_02.jpg

続いて登壇したのは、角川ゲームス開発本部副本部長兼KADOKAWA GAME STUDIOプロデューサーの田中謙介氏。田中プロデューサーから発表された『Project Discovery 2nd Season』。『Project Discovery』とはSCEと展開する、ユーザー参加型共同プロジェクトで、アマチュア・プロの垣根を越え、シナリオ、キャラクターデザイン、音楽、キャラクターボイスなどの、さまざまな分野のクリエーターやクリエーターの卵たちが参加できる才能発掘企画です。この第2弾の募集が、発表と同日の9月26日(木)に開始されました!

20130927_kadokawagames_03.jpg

20130927_kadokawagames_04.jpg

「2年半前にこのプロジェクトの話をSCEさんに持っていった際に、すごくおもしろい取り組みだと言っていただいた方がいまして、今に至ります。」という紹介とともに、同プロジェクトの担当プロデューサー、SCEJA戦略企画部ジャパンビジネス企画課の多田浩二が登壇しました。

20130927_kadokawagames_05.jpg

20130927_kadokawagames_06.jpg

多田は、角川ゲームス開発のスマートノベルエンジンを使用した第1回『Project Discovery』の受賞作品をベースにノベルゲームを開発中で、来年の春にはパイロット版をPlayStation®Storeにて配信予定とのことでした。
「第1回では、500を超える応募をいただきまして、とても嬉しかったです。選考作業がかなり大変でしたが、どの作品も非常にレベルが高く、応募作品の音楽を選考中にずっと聴いていたのを覚えています(笑)新しい物を作りたい、表現したいという人はたくさんいると思いますので、ぜひチャレンジしていただきたいです」とは多田の弁。

また安田氏は「募集締め切りの1週間前くらいに一気に応募が増えましたね。表彰式もとても感動しましたので、今年も大いに盛り上がって欲しいです」と同プロジェクトへの期待をのぞかせます。


■PS Vita用『艦これ改(仮)』を正式発表! さらに、アニメ化企画も進行中!!

続いて発表されたのは、2014年発売予定のPlayStation®Vita専用ソフトウェア『艦これ改(仮)』です! このタイトルは、角川ゲームスが開発・運営を担当し、DMM.comがサービスを提供中のブラウザゲーム『艦隊これくしょん-艦これ-』(以下、『艦これ』)のコンシューマ版として発表されました。すさまじい速度でユーザーを増やしている『艦これ』がPS Vita用ソフトウェアとして発売されるということで、今後に要注目の期待作です!

20130927_kadokawagames_07.jpg

「ブラウザ版とコンシューマ版は、ほとんど平行で開発が進んでいた」という田中プロデューサー。プラットフォームをPS Vitaにすることも1年以上前から決まっていたそうです。ゲーム内容については、ブラウザ版と大きく変わることはないようで、田中プロデューサーは「あくまで『艦これ』そのものの「改」。どのぐらい「改」かというと、最上に対して、最上改ぐらい(笑)」というと、会場は笑いに包まれました。

20130927_kadokawagames_08.jpg

20130927_kadokawagames_09.jpg

さらに、サプライズゲストとして、『艦これ』で伊勢/日向/古鷹/加古/大井/北上/飛鷹/隼鷹と、多数の艦娘のキャラクターボイスを演じる、大坪由佳さんが登場! 大坪さんは、「この仕事を始めてから、戦艦にすごく興味を持ってしまって、プラモデルを作ってしまいそうなくらい好きになってしまいました(笑)」と語ります。
なんと、安田氏も1ユーザーとして、大坪さんの演じる伊勢や日向を育てているという発言も! しかし、北上は夜戦で2回轟沈させてしまったと、ディープな会話を繰り広げていました。また、大坪さんは、「私の演じたキャラクターがたくさんの人に可愛がられているようでとても嬉しいです。愛すべきキャラクターがいっぱいです!」と感謝の言葉を口にしました!

20130927_kadokawagames_10.jpg

20130927_kadokawagames_11.jpg

続いて登壇したのは、DMM.comの岡宮道生プロデューサー。岡宮プロデューサーは、「田中さんと立ち上げた『艦これ』が、ここまで大きな存在になったことに驚きと感激が隠せない。全国90万人の提督(ユーザー)の皆様にもお礼をしたいです」と語りました。

また会場では、岡宮プロデューサーが作曲家として活躍していることも明かされました。ユーザーであればまず耳にしたであろう"夜戦の曲"は、岡宮氏が手掛けているとのことです。

20130927_kadokawagames_12.jpg

20130927_kadokawagames_13.jpg

続いて、『艦これ』のアニメ化プロジェクトが進行中であることも発表されました! ここで登壇したのは、角川書店常務取締役の安田猛氏。安田猛氏は、「非常に数の多いメカ少女物作品の中で、『艦これ』が持つ独特のデザインが皆さんに対して魅力を発揮したのではないか。これだけの作品がこの短期間で作れたのは、非常に素晴らしいことです」と『艦これ』を賞賛。なお、ストーリーなどのシリーズ構成は現在検討中で、声優陣をゲームと同じにすること以外、アニメ化に関する発表はないということで、本当に動き始めたばかりという印象でした。
プロジェクト発表の最後には、大坪さんが演じる北上から一言「スーパー北上様だよぉ。艦これ。PS Vita用。アニメ化。いいねぇ~、シビれるねぇ~、ありがとねっ♪」と、『艦これ』ユーザーなら思わずニヤリとしてしまう場面も。

20130927_kadokawagames_14.jpg

20130927_kadokawagames_15.jpg


■KADOKAWA GAME STUDIOが世に送り出す新作SRPG『NAtURAL DOCtRINE』!

最後に発表されたのは、2014年2月22日(土)に発売を予定するPlayStation®4/PlayStation®3/PS Vita用ソフトウェアのファンタジーSRPG『NAtURAL DOCtRINE』。このタイトルを立ち上げるために、KADOKAWA GAME STUDIOを立ち上げたといっても過言ではないと語る安田氏。また田中プロデューサーは、「SRPGの新たな形に挑戦したい。SRPGの先達が作り上げてきた素晴らしいスタイルの先を目指し、たとえ辿りつけなくてもアプローチしていきたいと思い作ってきたのがこの作品です」と同タイトルに対する熱い思いを語りました。企画開発に関する話では、田中プロデューサーがトリッキーな方向に行きがちなのを、安田氏が「頼むから王道にしてくれ」と引き戻すやりとりが、何度も行われたということです。

20130927_kadokawagames_16.jpg

20130927_kadokawagames_17.jpg

20130927_kadokawagames_18.jpg

20130927_kadokawagames_19.jpg

ここで『NAtURAL DOCtRINE』のキャラクターデザインを担当したufotable代表取締役社長の近藤光氏と、同社デザイナーの碇谷敦氏が登場。近藤社長は、キャラクターイメージや線画の感じ、立体的な表現などの話を聞いたときに、アニメ「Fate/Zero」で活躍し、勢いのあった碇谷氏がぴったりだと思ったと起用の理由を語り、また田中プロデューサーからきたデザインの一部修正を頼んだところ、全てのデザインを描き直してくれたという、碇谷氏の熱心さが伝わるエピソードも!
キャラクターの描き込みに対し、碇谷氏は「重厚な世界観に負けないように、影や線の描き込みを増やしました」と語ります。またゲームの主要キャラの1人"ヴァシリー"について、田中プロデューサーはかなりの思い入れがあるようで、「おしりの曲線に関する修正が何度もきました(笑)」と制作の秘話が飛びだします。碇谷氏自身は、男性のキャラクターの方がスムーズに描くことができたとのこと。なお、主要キャラは紹介された3人のほかにも十数人いる模様です!

20130927_kadokawagames_20.jpg

20130927_kadokawagames_21.jpg

20130927_kadokawagames_22.jpg

20130927_kadokawagames_23.jpg

次に登壇したのは、『NAtURAL DOCtRINE』ディレクターとしてシステム開発を担当するBBQ代表取締役社長飯淳氏。「PS4™のローンチタイトルとして、2014年2月22日(土)の発売を目指し全力で制作に取り組んでいます」という、制作現場からの頼もしい一言を聞くことができました! 安田氏は、「タイトルの王道感をプレイヤーに伝えるため、カメラアングルの修正をお願いした際、かなりの早さで対応してくれた」と極めて迅速な仕事に感嘆した様子。また田中プロデューサーは、「飯氏との会議は常に怒号が飛び交っているんですが、それはゲーム作りの楽しさを表現したもので、さながら"文化祭の前日"のよう」と表現し、この勢いのままマスターアップしたいと語ります。そして飯社長も「いいゲームになるように努力を続け、皆さんのお手元に届く頃には最良の形になるようにしたい」と終始にこやかな表情で意気込みを見せてくれました!

20130927_kadokawagames_24.jpg

20130927_kadokawagames_25.jpg

続いて登壇したのは、『NAtURAL DOCtRINE』の音楽を手掛けた作曲家の朝倉紀行氏です。朝倉氏は、このとき初めてゲームのPVと自身の楽曲が組み合わさったのを見て「このプロジェクトに参加できて本当によかったです」と絶賛。さらに安田氏が「音楽はとても重要なパートなので、かなりの無理をお願いしてしまいました。ゲームの広がりを表現すべく、荘厳なバロック調の楽曲を依頼したのですが、作曲だけでなくオベラ歌手まで探していただきました」と音楽へのこだわりを披露しました。さらに、『NAtURAL DOCtRINE』のエンディング楽曲には、安田氏の強く要望して世界的に有名なイギリスのプログレッシヴ・ロックバンド「キング・クリムゾン」の1stアルバム"クリムゾンキングの宮殿"が採用されたことが明かされます。ゲームでは、朝倉氏が編曲した形で収録され、「原曲のいいテイストを残しつつも、自分らしさを出したアレンジをしたい。ボーカルがオペラ歌手という変化球にも期待してほしい」とのことでした。

20130927_kadokawagames_26.jpg

20130927_kadokawagames_27.jpg

全プロジェクトの発表が終わると、最後にスペシャルゲストとしてSCEJAシニアバイスプレジデント 桐田富和が登壇しました。桐田は、KADOKAWA GAME STUDIOの設立のお祝いの言葉を述べるとともに、PlayStation®プラットフォーム向けに『LOLLIPOP CHAINSAW』『デモンゲイズ』『KILLER IS DEAD』などのアツいユーザー支持を受ける、優良タイトルをリリースしてきた角川ゲームスの歴史を語ります。『デモンゲイズ』は王道のダンジョンRPGにあえて挑戦して価格改定前のPS Vitaを大いに盛り上げ、個人的にもはまったそうです。また新たに設立されたKADOKAWA GAME STUDIOについて、角川ゲームスのフラグシップとして、『NAtURAL DOCtRINE』と『艦これ改(改)』への期待感を話し、積極的にサポートしていくことを表明。『NAtURAL DOCtRINE』は、PlayStation®フォーマットならではの機種間のクロスセーブやクロスプレイなどもあり、PlayStation®フォーマットのユーザー全てが満足できるような作品になるよう、2014年2月22日(土)に発売するPlayStation®4と『NAtURAL DOCtRINE』を手に取ってもらえるように、角川ゲームスとのタッグを強固にしていきたいという抱負で締めます。

20130927_kadokawagames_28.jpg

20130927_kadokawagames_29.jpg

20130927_kadokawagames_30.jpg

そしてイベントは、安田氏の「KADOKAWA GAME STUDIOはスタッフ一丸となって、ゲームを皆さんにお届けできるように取り組んでいきます」という意気込みで締めくくられました。

20130927_kadokawagames_31.jpg

20130927_kadokawagames_32.jpg

いかがでしたでか? 角川ゲームスから設立されたKADOKAWA GAME STUDIOの新プロジェクト&新タイトル。「プレコミュ」では、KADOKAWA GAME STUDIOの情報を随時お届けしますので、絶対にチェックしてくださいね!


『Project Discovery 2nd Season』公式サイトはこちら

『NAtURAL DOCtRINE』公式サイトはこちら

『艦これ改(仮)』公式サイトはこちら

「プレコミュ」内『Project Discovery』関連記事はこちら


©2012-2013 Sony Computer Entertainment Inc. / Kadokawa Games Ltd.
©2013 Kadokawa Games, Ltd.
©2013 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.